鶴ヶ島市議会議員 金泉ふき子 オフィシャルサイト

鶴ヶ島市議会議員 金泉ふき子_ヘッダ
ホームへ
政策へ 議会報告へ 後援会へ プロフィールへ


活動報告


活動報告 2009.11月
11月21日(土)
●市立南中学校創立25周年記念式典
市立南中学校創立25周年記念式典の開催 我が子どもたちがお世話になった南中学校が創立25周年を迎えました。その記念式典とは別に、当日の午前中にタイムカプセルの開封式が校庭の裏庭で執り行われました。これは創立10周年事業のときに当時の在校生が15年後の自分へ送る手紙をタイムカプセルに埋め込んだものです。この開封式を実行するに当たり、私もそのメンバーとしてお手伝いをしてきました。260人あまりの卒業生への案内状の送付、開封式の流れなど10周年事業にかかわった元PTAの役員さんと取組んできました。当日は晴天に恵まれ、ちらほら集まってきた卒業生も最後には、150人を越え、同窓会のようになりました。子連れの方も結構いらっしゃいましたが皆さん懐かしそうに久々に会った友との語らいを楽しんでおられました。肝心のタイムカプセルについては、あけてビックリ、埋め込まれていたドラム缶は水浸しで、子どもたちが埋めた手紙等は無残な姿で掘り起こされたのです。それでも、びしょぬれになった手紙や記念品を一枚づつはがし、校庭に敷かれたブルーシートの上で乾かし自分への手紙を必死で探していました。長年埋もれていて、しかも水浸しの状態であったため、臭いことといったらそれはひどいものでした。それでも、卒業生にとっては思い出のひとこまが又できたのではないかと思いましたし、母校を訪れて懐かしんでくれたことがとてもよかったと思いました。
タイムカプセル開封式 いざ!掘り起こし!
【タイムカプセル開封式】
【いざ!掘り起こし!】
開けてみたら・・・・ 集まった卒業生
【開けてみたら・・・・】
【集まった卒業生】
南中開校25周年式典  
【南中開校25周年式典】
 

11月12日(土)
●市議会議員互助会研修会
(1)視察先
○ 群馬県甘楽郡甘楽町
    「都市と農村の交流事業の概要」
   農を生かし、都市と農村の交流を推進している街づくりの先進地
○ 甘楽ふるさと館 「甘楽ふるさと館旨いもの体験」
   ふるさと体験・おきりこみうどん作りを行い郷土の味を堪能
○ 富岡市富岡製糸場
   「重要文化財・世界遺産暫定登載」 
   日本産業革命の原点といわれる国指定重要文化財見学

議員全員参加(当日は2名病欠)で群馬県に出かけ研修してきました。甘楽町では、遊休農地を活用して市民農園計画を策定し、市民農園整備促進法による区域を決定し、開設するに至っています。市民はもとより、東京都北区と自然休暇村協定を締結したり、各地区からの利用者が活用しています。農園活用を通して様々な交流がなされていました。甘楽ふるさと館ではお切り込みうどん作りに挑戦しみんなでおいしく食べてきました。午後は富岡市製糸場へ行き、説明を受けながら、建造物や製糸場を開設した経緯等について研修してきました。議員同士の交流もこのような機会を通して図られたと思います。

甘楽ふるさと農園
甘楽ふるさと農園 研修風景
甘楽ふるさと農園風景
【甘楽ふるさと農園】
【甘楽ふるさと農園
研修風景】
【甘楽ふるさと農園風景】

お切り込みうどん手作り体験
富岡製糸場
富岡製糸場−工場内
【お切り込みうどん手作り体験】
【富岡製糸場】
【富岡製糸場−工場内】

11月3日(火)
●「ふっこの会」バス研修  越後路の秋を訪ねて

毎年恒例となったバス研修ですが、今回はテレビの大河ドラマでお馴染みの「天地人」ゆかりの地を訪れました。満席の車内で出発しました。前夜から冬型の気圧配置となり、寒さが気になっていましたが、湯沢のトンネルを越えるとその先はまさに「雪国」でした。
始めに訪れたのは、国指定重要文化財の(目黒邸)でした。この(目黒邸)は中世武士の系譜をひく豪農です。土間から高い敷居を越え、茶の間に上がると、囲炉裏には赤々と火がくべられていました。中庭では紅葉した木々に薄っすらと初雪が積もっていました。
その後、雪蔵館という酒蔵に立ち寄り皆さん思い思いに試飲を楽しんでいました。昼食後には、いよいよ「天地人」の主人公、与六(のちの直江兼続)と喜平次(のちの上杉景勝)が少年期に学問を学んだ地であるところの雲洞庵に向かいました。ガイドさんから様々な説明を受け、歴史の深さを実感しました。ただ、真冬並の寒さの中、足が冷たくて我慢していましたが、当時はもっと寒さも厳しかったことでしょう。
  自然に触れ、歴史に触れ、仲間の皆さんとの心の触れ合い、思い出深い旅となりました。

視察風景
町長に表敬訪問
役場前
【トンネルを超えると
そこは雪国でした】
【目黒邸】
【目黒邸 いろりを囲んで】
視察風景
町長に表敬訪問
【目黒邸 紅葉に初雪が・・・】
【天地人】
【雲洞庵】
視察風景
【雲洞庵】
11月1日(日)

久しぶりの報告になります。今まで何もしてなかった訳ではなかったのですが、8月に行われた衆議院選挙後、すぐに、9月定例会が始まりそれぞれ私なりに精一杯取組んできました。が、結果についてもそうですが、なかなか思い通りに行かないのが代の常でしょうか。
さて、10月18日告示されました鶴ヶ島市長選挙・同時に市議の補欠選挙の結果が25日の投票により現職の藤縄善朗氏が又、市議には田口ゆきお氏が当選されました。私は、市長選において藤縄市長を前面的に応援して選挙戦に参画してきました。現職を支援した大きな理由は、ひとつには、民主党が政権をとったから市長も政権交代とはどう考えても納得できませんでしたし、国政と地方行政とは根本から違うと思っているからです。そして、現職がこれまでの4年間に実行してこられた行・財政改革、教育改革はまだ道半ばと考えております。2期目に入って更に汗を流していただき市民の負託に応えうると信じているからです。市長と議会は常に緊張感を持ちながら、共に協調しあい、市民の幸せのために勤めることが必然です。

 20091101 20091101



活動報告 2009.7月
7月21日(金)〜
23日(日)
●政務調査で島根県へ
この度、島根県隠岐郡海士町を視察してきました。
「自立・挑戦・交流」〜そして確かな明日へ〜海士町の町政の経営指針です。人口2600人弱、島面積33,51平方kmの小さな島の生き残るための挑戦を体感してきました。超過疎化・超少子高齢化・超財政悪化で生き残りの戦略として、「海士町自立促進プラン」を策定したそうです。それは行財政改革によって「守り」を固める一方で、「攻め」の方策として新たな産業創出を強力に推進する戦略の、両面作戦でした。守りは「自らが身を削らない改革は支持されない」の信念のもと徹底した行財政改革を断行し、町長以下一般職員、議会の給与カット、職員数の減、給与等のカットした一部を産業振興策と子育て支援に充てる。その他、経常経費等の見直し、機能的な組織改革に着手するなど徹底した行財政改革を行っている。そして何よりも職員の意識が大きく変わったことが一番だと課長は断言していました。次に「攻め」とは地域資源を生かし、島に産業を創り、島に人(雇用の場)を増やし外貨を獲得して、島を活性化することです。何しろ周りは海、天然資源が豊富です。島ブランドを売り出せ!ということで様々な産物を市場に売り込んでいます。例えば、岩牡蠣「春香」、しろいか等を「CAS」という新技術を導入し旬の味を市場に売り出す。隠岐牛の出荷、「塩」等のブランドを次々と開発しています。そして、なんといってもこのまちのすごいところは、Uターン、Iターンの人たちに対し、「海士ファンバンク」を創設して、必要な資金を都市住民から調達している。Iターンの若者達が起業家に挑戦するために施設を整備しているが、これらもまちの税金を投入しているのである。当然のことだが議会でも喧々諤々議論を交わし最終的には町長の決断で進められているようです。まさにまちが企業であり、というか、役場はサービス商社で町長は社長、職員は社員、そして、住民は税金を納めた「株主」であり、サービスを享ける「顧客」である。との認識がある。ピンチはチャンス。ハンディキャップをアドバンテージに、自立に向かって小さな島の挑戦は前進していました。
視察風景 町長に表敬訪問 役場前
【視察風景】 【町長に表敬訪問】 【役場前】

キンニャモニャセンター前にて キンニャモニャセンター 海士御塩司所
【キンニャモニャセンター前にて】 【キンニャモニャセンター】 【海士御塩司所】

海の幸 隠岐牛 隠岐牛
【海の幸】 【隠岐牛】 【隠岐牛】

隠岐空港にて 島の風景1 島の風景2
【隠岐空港にて】 【島の風景1】 【島の風景2】

島の風景3 島の風景4  
【島の風景3】 【島の風景4】  

7月2日(木)・
3日(金)
●坂戸・鶴ヶ島水道企業団の事務調査
7月2日3日の日程で山形県の天童市、山形市に事務調査に出かけました。天童市水道事務所での調査目的では天童市の水道料金が、平成20年4月から引き下げられるのを機に水道企業経営の現状や将来の経営計画を見直しています。又、増加傾向にある単身世帯需要者の料金負担を考慮し、平成20年7月1日利用分から水道料金を見直し、新しい料金体系により運営を行っています。当企業団においても今後水道料金の見直しは直近の課題であり、これらの現状について調査し、今後の当企業団水道事業に役立ててゆきたいです。又、山形市上下水道部においても平成18年7月1日より水道料金の見直しを行っており「経営改革プラン」の具体的な内容についても調査しました。なお、当市の水道利用料金の見直しについてはこれから具体的な検討に入ってゆきます。

天童市水道事業所前にて 研修風景
【天童市水道事業所前にて】               【研修風景】

7月1日(水)
●東京財団政策懇談会に参加
「地方議会の改革」を進めている東京財団の今回の題目「ニセ議会基本条例を斬る」に惹かれて赤坂へ行ってまいりました。鶴ヶ島市議会も3月定例会で議・議案で上程し、議会基本条例を制定したところですが、「ニセ」とは何を意味するのか、又、他の地方議会はどのような状況なのかとても気になりました。 パネルディスカッション・意見交換の提言者として、 前我孫子市長の福島浩彦氏,前栗山町議会事務局長の中尾修氏,前佐賀市長の木下敏之氏の3方でそれぞれの立場から地方議会の改革について、議会基本条例の中身等について提案がありました。全国から参加した、(主に地方議員)からの質疑応答があり様々な意見がありました。そんななかで感じたのは、私たち鶴ヶ島市議会は、先進的な議会、又、あるべき姿に向かって邁進していることを実感しました。
 東京財団政策懇談会 東京財団政策懇談会




活動報告 2009.6月
6月28日(日)
●「コミュニティーレストラン」オープン式典
NPO法人鶴ヶ島学童保育の会が「コミュニティーレストラン」の事業を始めました。そのオープン式典に参加させていただきました。学童保育の会では、地域活性化の場所作りとして、又、地域の課題解決の糸口としてこのレストランが活用されることを目的としているようです。皆さんも是非出かけておいしい食事を召し上がってみてはいかがですか。ちなみにすべてが手料理でとてもおいしかったですよ。場所は、五味ヶ谷の東公民館の近くで「ここほっと」というお店です。 
 ここほっと ここほっと外観

6月15日(月)
●議会改革検討委員会の委員長を議長より指名されました
これまで当委員会で24回にのぼる委員会を開催し議会報告会の開催をはじめ最終目的である議会基本条例を作成し議員全員賛成で議・議案提案で策定しました。
今、鶴ヶ島市議会は全国から注目されており、視察に訪れる自治体が後を絶ちません。私が委員長に就任してから4自治体が訪れています。
7月9日 兵庫県相生市、7月14日 福岡県福津市、15日には午前中に朝霞市、午後からは長野県上田市のそれぞれの議会運営委員会ですとか会派研修、又、無所属の議員さんが市民と同行されたり暑い中おいでくださいました。視察の目的は「議会基本条例」についてと、議会報告会など議会改革の取り組みについてです。全国的に議会のあり方や、改革が進められています。そのような状況の中で我が鶴ヶ島市議会が全国から注目されていることはとても責任を感じますし、これからも様々な取り組みを進めてゆくことが、市民の皆さんにとって議会がより身近な、そしてより確かな議会となることを信じてがんばってゆきます。


活動報告 2009.5月
5月21日(木)
●議会改革検討委員会
今、鶴ヶ島の議会は、全国から注目を集めています。この日は、香川県観音寺市から視察に見えました。内容は・議会基本条例と議会報告会についてです。当日は私も出席し、様々な意見交換を行いました。 

5月17日(日)
●議会報告会の開催
地元松ヶ丘の集会所に於いて「金泉ふき子」 議会報告会を開催しました。
約50名の参加を頂き、主に、第1回定例会における審議内容とその結果について報告しました。来賓として、藤縄市長、長峰県議にもご出席いただき、会に花を添えていただきました。後半の懇親会も大変盛り上がり、様々なご意見、ご提案等いただき、今後の活動に生かしてまいりたいと思っています。
議会報告会1 議会報告会2

5月16日(土)
●ケアホームで開催されたペンギン祭りに出席しました
職員、ボランティアの皆さんの手作りの催し物がいろいろ工夫されています。鶴中のブラスバンドの演奏や、西入間警察員による振込み詐欺の啓発の寸劇などがあり、当施設に入居している高齢者の方たちも生き生きされていました。
午後からは、学童保育連合会の定期総会が郷学の森で開催され、そちらに出席しました。




活動報告 2009.4月
4月26日(日)
●第2回目鶴ヶ島市議会報告会
第2回目の鶴ヶ島市議会報告会が4月26日(日) 女性センターハーモニーで開催されました。
「議会が変わると、何が良くなるの?」とのキャッチフレーズです。
昨年県内では初の議会改革のもとこの議会報告会が、市民の皆さんへ向けて開催されました。21年度第1回定例会で議会基本条例を制定し、鶴ヶ島の市議会は確実に変わってきています。この報告会の趣旨は市民の皆さんに議会を身近に感じていただき、私たち議員も常に緊張感を持ちながら、議会での審議内容の報告をし、更に、市民の皆さんからの質疑応答、これだけは言いたいという声を頂き、今後の活動に生かしてゆくことです。これからも議会報告会を開催してゆきます。市民の皆さんも是非参加してください。

4月18日(土)
●「橙会」主催のバス研修
藤縄市長の後援会女性部「橙会」主催のバス研修に誘われまして、長野の善光寺参りに出かけました。7年に一度の御開帳ということもあったのでしょうか、参加者も多く盛況でした。何よりも晴天に恵まれました。善光寺は、人であふれかえり、お参りもそこそこに、友とコーヒータイムとなりました。昼食後、小諸の懐古園に行きましたが、桜の花ふぶきの中を散策しながら、春爛漫を満喫し、リフレッシュしてきました。 
善光寺門前
善光寺の回向柱
【善光寺門前】 【善光寺の回向柱】
   
藤縄市長 小諸 懐古園
【藤縄市長】 【小諸 懐古園】


4月8日(水)
●南小・中学校の入学式
すばらしい晴天に恵まれ、桜の花も満開のなか、午前中は中学校、そして、午後からは小学校の入学式が挙行されました。真新しい征服に身を包んだ新1年生。とってもかわいい。一生懸命勉強して、いっぱい遊んで、たくさんのお友達作って、楽しい学校生活を送ってほしいです。
南小入学式 南小入学式
【いざ、入学式へ】 【厳かな雰囲気のなか・・・】
南小入学式
【ちょっぴり緊張!】 【南中側溝 満開の桜並木】



活動報告 2009.3月
3月24日(火)
●仙台市へ政務調査に  仙台市の学校給食センターについて
3月24日午前中は小学校の卒業式でしたので、子どもたちの晴れの姿を見てお祝いの言葉をかけてきました。
午後から新幹線で一路仙台市へ直行しました。翌25日午前9時30分より仙台市泉区にある仙台市野村学校給食センターにて研修させていただきました。 その中身については、PFI手法によるセンター整備についてです。鶴ヶ島市においては、老朽化した学校給食センターの施設更新計画事業が始まっていますが、PFI手法導入を含めた、様々なやり方が検討されています。 本市の財政事情がいっそう厳しさを増す中、質の高い公共サービスを維持しながら、なお新たな取り組みを視野にいれ、更に経済効率性の高い施設整備、事業運営を行うには、従来とは異なる事業手法が必要となる。その中平成20年よりその手法を取り入れ稼動を始めた仙台市野村学校給食センターで事業の進め方、センター運営等について研修しました。
仙台市
【調理室】 【アレルギー対応の食器】

3月
●松ヶ丘地区に2機の信号機が設置されました

市民の安心・安全の確保のため、以前より自治会の皆さん、住民の方より要望のあった信号機が点灯しました。ケヤキ通りの南公園からエコスたいらや、自治会集会所方面を横断する箇所と、西口商店街の通りでキタムラから関越に向かう道路で1丁目の松倉さん宅前です。ここは事故件数がとても多いということで、手押しの信号機がつきました。私はこれまで 前・現自治会役員さんらと一緒に県議や、県警、西入間警察等に何度か要請に行ってまいりました。地元の皆さんの要望が実現したことを嬉しく思います。

南公園前
【南公園前】 【松ヶ丘一丁目】


   




活動報告 2009.1月
1月25日(日)
●講演会へ
議会改革  1・25 市民への公聴会開催 今日まで、議会改革検討委員会では、議会基本条例の制定に向けて協議を
重ねてきました。この度、素案が出来ましたので市民の皆様からご意見等頂きより良い条例、又市民の皆様と作り上げたというか、より身近に感じていただきたいとの思いで市民の参加による公聴会を実施いたしました。
当日は市内の各種団体からの代表53名ほどの方々とワークショップ形式で8グループに分かれ、各テーブルに2名の議員が振り分けられそれぞれのテーブルごとに意見交換いたしました。市民の皆様から頂いた貴重なご意見を参考にしながら条例の制定に向けて議員が一丸となって取組んでゆきます 。
●学童保育室の開所式
鶴ヶ島第2小学校区の学童保育室「どんぐり」の施設が改築されました。場所は、小学校の敷地内ですが、以前の老朽化した保育室からみると、木のぬくもりの感じられるとても素敵な保育室となりました。子どもたちはもちろんのこと、保護者の皆さん、学童保育関係者の皆さんの喜びはひとしおのことと思います。私たちも応援してきて良かったと思いました。
学童保育室
1月24日(土)

●講演会へ
 「笑い」は笑い事ではない  こんな演題での講演会がハーモニーで開催されました。筑波大学教授の村上和夫先生の
 お話は「、笑い」笑うことによって人は元気になれる、病床にある人でもお笑いなどで楽しませてあげることで、数値が
 下がったり元気が出てくるそうです。
 「わっはは 鶴亀プロジェクト」の演技があったり満員の会場は和やかな笑いに包まれていました。

 富士見公民館にて ハーモニーを途中で退席し、富士見公民館に駆けつけました。
 「不登校や引きこもりはなぜ起こるか・・原因の理解と対策」講師はカウンセリングを中心に活躍している「近藤俊明氏」でした。
 大変申し訳なかったのですが、ハーモニーでの講演会と同時間帯での開催だったため、途中からお話を聞いたので前段の
 中身が聞けず残念でした。
 この会の主催者は〔こっこの会〕というサークルで、育てにくい子、学びにくさを持つ子、友達の出来ない子、等、子育てに
 悩む母親と、特別支援教育を学びたい有志の会です。後半、参加者の悩みや質問に答えるコーナーでは、不登校や
 ニートの問題、更に引きこもりの子を持つ親御さんの悩みなどそれぞれが大き、悩みを抱えておられる現状がありますが、
 このような会を通じて、ひとりで悩まずに共通の理解が得られる手立てを支援してゆきたいと思います。
 講演会

1月15日(木)

●四市〔鶴ヶ島・坂戸・東松山・日高〕議員合同研修会
 4市議員合同研修会がアルカーサル迎賓館で開催されました。
 研修内容は 「安心して暮らせるまちづくりを目指して」・・・今日からあなたも認知症サポーターということで講師として
 社団法人 認知症の人と家族の会埼玉県支部世話人の伊藤恵子氏と鶴ヶ島市地域包括支援センター長の長島きぬ子氏を
  お招きして、認知症についての理解を深めました。
  埼玉県は認知症患者の増加率が全都道府県で最も高いと予想されています。
  地域で支えあうことが今求められています。あなたも認知症サポーターとして地域で活躍しませんか。
            
                            
           

1月11日(日)
●出初式出席
 
毎年恒例の坂戸・鶴ヶ島消防隊による出初式が坂戸の千代田公園で開催されました。
 そのなかで、表彰式がありました。昨年2月4日の松ヶ丘で起きた火災で人命救助や早期通報等に協力したという
 ことで4名の住民がその対称となり私も表彰されました。たまたま現場近くにいたので当然のことをしたのですが・・・

  
  


  


過去の活動を見る

12. 3. 4