鶴ヶ島市議会議員 金泉ふき子 オフィシャルサイト

鶴ヶ島市議会議員 金泉ふき子_ヘッダ
ホームへ
政策へ 議会報告へ 後援会へ プロフィールへ


活動報告



活動報告 2010.7月
7月30日(金)
●農業大学校へ
7月30日長峰県会議員の案内で、民政クラブのメンバーは農業大学校の敷地内の現地調査を行いました。40ヘクタールという広大な広さを約1時間半かけて歩いて調査しました。農業大学校が移設され、その跡地の利用計画が議論されています。できうる限りの緑地を残しながら、企業を誘致し、雇用を図る、源流を守らなくてはならない、又、スポーツ施設が求められている。更に、賑わいの場、人と人の交流の場としての機能も兼ね備えたい等要望も含めそれぞれの立場で構想を思い描いているようです。市は交流圏構想の中で計画を具体化してゆかなくてはなりません。今後はスピーディに県との調整を図りながら進めてゆく事が求められます。私たちは、今回の現地視察をして、又、長峰県議からの構想を伺いながら、市、市民にとってどのような構想がベストなのかしっかりと検証しなくてはならないと改めて感じた次第です。

農業大学校へ
農業大学校へ
農業大学校へ 農業大学校へ


7月11日(日)
●議会報告会開催
7月11日に「金泉ふき子」議会報告会を開催しました。この日は参議院選挙の投票日でした。お忙しいにも関わらず多くの皆様に参加いただき、報告会ができましたことに感謝しております。報告の内容としまして、平成22年度の予算の概要、今後策定されます基本構想・基本計画について、又、第2回定例会で出された田口議員に対する辞職勧告決議について等報告させていただきました。更に、2期目の議員として行ってきた私の一般質問についても資料の提供と共に報告いたしました。来年4月には統一地方選挙が行われます。今まで積み重ねてきた実績を更に生かした取り組みを続けてゆくことをお約束させていただきました。

議会報告会開催
議会報告会開催


7月6日(火)
●参議院候補者「関口昌一」氏の街頭演説
  参議院選挙も終盤戦中であります。テレビでは党首討論会が各番組で中継されています。
やれ消費税だ、社会保障制度をどうするなどの議論が行われていますが、長引く不況経済はどうするのか、医療は、子育て環境は、少子化対策は、これからの日本という国をどのように導こうとしているのか、等々課題はたくさんあるし、国民の不安はなかなか治まらないなかで、各政党はどこまで国民の目線に立って訴えているのか見えてこないと感ずるのは私だけでしょうか。政治に対する信頼を失わせている政党があれば、夢だけを追いかけているような政党、時代錯誤をしているのではないかと思えるような政党、それぞれですが、それでも私も議員のはしくれ、どこを基準に選ぼうか大変悩みました。私はもともと保守の人間です。過日、埼玉県選出の参議院候補者「関口昌一」氏の街頭演説に立会い候補者の演説を聞きました。自民党のこれまでのやりを反省し、再生自民党を作り上げてゆく、又、国会議員の定数削減は7年前の初当選以来訴えてきた等訴えていました。今回の参院選は政権交代をするための選挙ではありません。現政権の民主党に過半数を与えてはならない、そのために確かな野党として自民党に今一度がんばってほしい。

石原さんとツーショット
衆議院議員 石原のぶてる 応援演説
石原さんとツーショット
衆議院議員 石原のぶてる 応援演説
関口まさかつ候補者
関口まさかつ候補者
 
7月1日(木)〜
2日(金)
●水道議会で事務調査
  7月1日2日梅雨空の中、一部事務組合水道議会議員の事務調査で神奈川県企業庁 箱根水道営業所、神奈川県内広域水道企業団社家取水管理事務所へ出向き、視察研修を実施しました。箱根水道営業所では、箱根地区小規模水源のひとつである水土野水源にクリプトスポリジウム対策として、下湯排水池構内に紫外線処理設備を導入しています。今回の調査はこの紫外線処理設備の導入に至った経緯とその効果について現地を拝見し、説明を受けました。2日目の社家取水管理事務所においては、水道GLPの取得についてと相模大堰の視察を研修させていただきました。当企業団の基本計画で水道GLPの取得を目指しており、より安全で安心な水を市民の皆様へお届けするための認定規格です。神奈川県内広域水道企業団さんではすばらしい事務所の中に様々な検査器具が設置してあり、精密な管理の下、水質管理がなされていました。又、相模大堰は、相模川の河口から12km上流地点に設置され、1日最大取水量1,300,000立方メートルの水道用水を取水する施設であり、そのスケールの大きさにびっくりしました。

研修中
参加議員のみなさん
研修中
参加議員のみなさん
紫外線処理施設の見学
紫外線処理施設の模型
紫外線処理施設の見学
紫外線処理施設の模型

相模大堰
湧水
相模大堰
湧水

神奈川県水を使ったボトル
神奈川県水を使ったボトル


活動報告 2010.6月
6月6日(日)
●日光街道杉並木植樹式典
 6月6日の日曜日晴天の中、「鶴ヶ島市日光街道杉並木保存会」による植樹式が開催され参加しました。この杉並木は、江戸時代八王子千人同心が日光東照宮警護のために往復する街道として整備され、川越藩主の命により杉の木が植樹されたそうです。近年の交通の発達に伴い排気ガスなどの影響で杉の木が減少しており、杉並木を守るため保存会の皆さんが日頃から清掃活動や植樹を行ってこられました。この日は、上田埼玉県知事をはじめ地元の保存会の皆さんや多くの来賓の参列で盛大に執り行われました。特に、地元鶴ヶ島清風高校の生徒さんも多数参加し一緒に植樹しました。この杉並木が次世代の人たちに受け継がれていくよう協力してゆこうと思います。 

日光街道杉並木植樹式典
日光街道杉並木植樹式典
日光街道杉並木植樹式典
日光街道杉並木植樹式典



活動報告 2010.3月
3月23日(火)
    〜24日(水)
●先進地調査成果報告
 静岡市役所を訪れ、担当者の方から案内された議会庁舎は、昭和9年に建設された非常に重厚な、趣のある議場でびっくりしました。昭和20年の大空襲の難を逃れ、現在もなお市役所として大切に使用されています。議会特別応接室は当時のままで、手入れの行き届いた室内装飾を見る限りでは、わが市とは比較にならない財政の規模と豊かさを痛感すると共に、歴史が脈々と伝わってきました。
 そのような中で、今回、民政クラブでは社会体育の環境と、大規模震災に備えるためのノウハウについて研修してまいりました。「アウトソーシングスタジアム」については、そこにかかわる市民の思い、そして何よりも「清水エスパルス」というサッカーのホームグラウンドとして、まちの至る所にシンボルとして掲げられ、市民の中に溶け込んでいました。高齢化社会が進む状況下で「市民一人一スポーツ」を推進することにより、何時までも元気な高齢者でいてもらうことへと繋がっていました。そのような体制作りが、市民の健康につながり、人と人との交流の場として繋がり、市全体が一体となれる空間を持っている静岡市をある意味、羨望のまなざしで視察をさせていただいたと感じたのは私だけではなかったと思います。 翌24日に訪問したのは「静岡県地震防災センター」で、説明をしていただいた職員さんは懇切丁寧に震災について、様々な角度からお話くださいました。特に海に接している静岡県ならではの、最大限の防災対策として津波に対する知識の啓発、耐震設備、耐震構造建築等について、自助・共助・公助の基本的な考え方、自主防災組織の確立等々学ばせていただきました。  
静岡市役所前 議場
【静岡市役所前】
【議場】
議場 防災センター
【議場】
【防災センター】


過去の活動を見る

1. 2. 34